漫才授業とは

次代を担う若い感性を持つ中学生を対象として、自己実現・自己肯定感育成を行っていきます。
平成28年度は、よしもと住みます芸人ペンギンナッツにご協力いただき、中学生向け漫才講座を若松第二中学校(3学年、118名)、河東中学校(2学年、67名)で実施いたしました。

現代の子供達は、親しい人を中心とした仲間・ネットワークで生活をしており、摩擦を恐れ、自ら積極的に行動するのが苦手と言われております。また、パソコンやスマホを通したネットワークでのつながりが重要視され、自らの言葉で発信・受信することが苦手です。現在の学習指導要領で重要視され、大人になって必要とされる自ら考え、行動し、発信する力を育成する為に、漫才を通して楽しみながら行っていきます。

キャリア教育として

  • キャリア形成において、様々な職業があり、また自己実現するための歩みや努力を学ぶ。
  • 発表を通して、自己肯定感を育成していきます。

授業の流れ

Pocket